近くにある店舗を探す

布巾を使っている女性

アパートやマンションを引っ越す際、次の入居者が入る前に部屋のクリーニング業者が掃除・清掃をする場合があります。
これは特に義務付けられているわけではありませんが、大半の管理会社ではこれを行っています。
ですがこのような業者が実際にはどのような仕事を請け負っているのかというと、それについての知識というのはまだまだ世の中には浸透していないように感じます。
というのも、最近では部屋を退去する際に掃除などを自分で済ませる方が多いので、まさか自分たちが掃除をした後に、管理会社が業者を入れているとは誰も思わないのです。
しかしながらこのような業者が掃除を行っているのは事実であり、実際にそれを生業としている人も数多くいるのです。

クリーニングというと、一般的には洋服のクリーニングを思い浮かべる人が多いと思います。
しかしながら住宅の業界にもクリーニング業者というのが存在していて、お部屋の掃除などを請け負っています。
清掃の内容はやはり業者によって違いますが、殆どの業者が床掃除に始まり、トイレ、キッチン、バスなど、殆どの部屋のクリーニングを一日から二日間で行います。
もちろん部屋数が多い時などはこの限りではありませんが、それでも三日程度で終わらせるのが一般的だと言われています。
次に価格ですが、これに関しては管理会社の方で支払いを済ませるのが普通ですので、特別な場合でなければ退去者が支払うということはありません。
このような業者はこれからも増え続けるでしょう。